手袋工房ミズカミのロゴ

事前調査 素材 裁断 縫製
その次の日曜日、約束どおり手袋の製造工程の見学に行きました。
例によって「こんちわー」とかるいノリの私。
返事がない。  誰もおらんがな。(どこ行ったんや?)
(まあ、約束の時間よりちょっと早いから上がって待っていよか)
所狭しと床に並べられた革・革・革・・・(よっけあるなあ〜)  さあ、これからどんな展開になるんやろ。
まずは手袋の材料になる革選びの話からやな。まあ、そのくらいの予測はわしにもできるな。

午前中にうちのカミさんと買い物に行って、、、今晩はすき焼きや!すき焼きのうどん・・・楽しみやなあ・・・
うまいんやで〜関係ない?そやね。

あっ、帰ってきた。
鹿革

「おう、早いな、ほな始めよか」
(いきなりやな)

「お願いします」(いちおう挨拶ね)
「まずは材料選びからや」(ふふふん、きたきた)
「これが鹿革や」
「へえ〜〜結構大きいな。これが1頭?」
「ああ。どっちが頭か分かるか?」
「??多分、下?」
「そうや。さわってみ」
「ふ〜〜ん、結構柔らかいな」
「鹿の革ってどんな手袋にええの?」
「そやなあ、どちらかといえば厚い革やからアウトドア用にええな」

牛革

「次いくで。これが牛な」
「なぬ〜〜!でっかいなあ」
右上にチラッとある社長の足と比べてみてください。

山羊革

「これが山羊な」
「へえ、これが山羊の展開図か」
「なんやそれ」
「ハハハ、まあまあ」
「下が頭」(先に来たな)
「この間の防寒手袋は山羊やったんやな。
13,000円のやつ」
「ああ、そうや」「わしら業界では【ゴード】ゆうてる」
「ふうん。これも結構大きいな」
「これであの手袋何双出来るの?」
「4双から5双かな」
「そんなもんなん?」

羊革

「これが羊。防寒、スポーツ用」
「ゴルフやバッティング用ね」
「ああ。ピンからキリまで」
「革の品質のこと?」
「だいたい産地で別れるんや」
「インド・パキスタン・エチオピア」
「何で?」
「一つには寒暖のせいやな」
「寒暖の激しいところの革の方がキメが細かい」
「暖かい地方の羊革はサクイ」
「サクイって方言分かるかな」
「セコイは分かるやろけど」
「そら、おまえのこっちゃ」
「・・・・・・・・・・・・・」

「水上手袋の羊革は?」
「エチオピアにきまっとるやろ」
「なるほどね」
「ななんじゃ!これ!」

馬革

「馬」
「げえ〜〜でっかいなあ」
「でも社長、傷の多い革やな」
「動きが活発で大型の動物は傷が多いな」
「天然ものは傷があるのが当たり前や」
「動物の皮膚やで」
「そやけど、製品が傷だらけではあかんやん」
「そこが腕の見せ所やろ」

「どうすんの?」                 「まあ、そう先を急ぐな」
「けど硬い革やなあ」         「馬は丈夫な革や。厚いしな」
「なるほど。ところで社長は馬年やったね」             「???」
「面の皮」                          「いっぺんしばいたろか?」
ところで
「革をナメスって聞いたことあるやろ」
「脂ぬいて柔らかくすることやろ」
「あほ、革から脂が抜けたらパリパリになるやないか」
「脂をいれて革を柔らかくすることや」
「あっそうか。水分や脂を含んでいるから弾力やツヤがあるんや」
「シブなめしとクロムなめしがあるんや」
「???」
「シブなめしは、昔からの渋(タンニン)でのなめし方」
「ハードな革、靴・ベルト・カバンなんかはシブなめし」
「ソフトな革、手袋はクロムなめし」
「ふうん。用途によってなめし方がちがうんうや」
「革は伸びる方向が縦と横で違うんやで」
戻る 次へ TOP